slide13

フルーツアイス専門店ジョンバイヤー!!アレルギーのお子さんでも大丈夫?安心して食べられる魔法のアイスとは!!

卵、牛乳アレルギーの息子に大好きなアイスを安心して食べさせたい! そんな想いから独立起業してアイス屋さんを始めた、杉浦 央晃さんに話を伺いました。

杉浦さんが、アイス屋さんをはじめたきっかけをおしえてください。

はい、息子が3歳の時に、卵、牛乳アレルギーになった事が切っ掛けです。

10177922_529584583827258_7889062398875662588_n-300x300

夏休みに近所の子ども達と庭プールをした時です。

ママ友達が差し入れで持って来てくれたバニラアイスですが・・

1人だけ食べられない息子がいました。

泣きながら家に入り、部屋の片隅で氷を舐めて泣いている息子・・・・・

息子が食べられるアイスを作ってやろう!!

そう決意したのがきっかけです。

こだわりのアイスですが、どのようなところにこだわったのですか?

img05

例えば、市販の苺アイスの場合、苺風味にして着色したものがほとんどです。

アレルギー体質の息子は、そういった保存料や着色料などにも反応してしまったので、それらを全く使用しないアイスを作ろうと思いました。

勿論、卵、牛乳だけでなく、七大アレルギーと言われている、卵、牛乳、小麦、そば、落花生、えび、かには全て不使用になっています。

さらに、子どもは美味しくないものは食べません。

ですから、例えば苺も、海外の安い冷凍品やドライフルーツ等を使用しません。

自分が好きな、九州のあまおうと、とちおとめを直接仕入れています。

その2種類から、時期により美味しいほうをチョイスしています。

メロンも国産のアールスメロンを使用したり、オレンジは、4月~12月はバレンシアオレンジ、1月から3月はネーブルオレンジを使用しています。

img06

こういった食材にこだわった事で、ビタミンたっぷりで、栄養価が高く、カロリーが低いアイスが出来ました。

また、保存料を使用していないので、全て注文をもらってから生産をしています。

作り置きをする為に、保存料を使用する事がアレルギーの息子には厳しかったからです。

全ては美味しく作る為に、材料はよいものを使うって事です。

改めて聞きますが、なぜこの商品を作ろうと思ったのですか?

本当は、息子の為だけに作ろうと思っていました・・・・

でも・・・・・

そんなある日。

近所に同じ悩みを持つママに試作のアイスを差し上げたんですね。

そしたら、ものすごく喜んでもらったんです。

全国にはきっともっと沢山の子ども達がこのアイスを待っているんじゃないか!!

と、勝手に使命感を感じてしまったんです(笑)

そして、その勢いで起業しちゃったんです。

今までで一番大変だった事をおしえてください。

大変だった事は、ネットショップ作りです。

このアイスはネットショップでしか購入できません。

パソコンが苦手な僕が、自分でネットショップを作ろうと、本を片手に1から勉強したのが大変でした。

お蔭で、オープンまでに10ヵ月かかってしまいました。

1544435_529585430493840_2173294120676834311_n2

これからチャレンジしたい事また、杉浦さんにとってアイスとは何ですか?

日本一美味しいアイスの開発をしています。

そしてアイスとは何より・・・・・

img07

息子の笑顔です!!!!

取材後記

今回、取材させていただいた杉浦さんは、このネットショップでの成功をもとにブログをはじめとした、ネット集客のプロでもあります。

フードナビゲーターの山田も杉浦さんにお店のブログをはじめとした様々な事柄を学ばさせていただきました。

そんな、ご縁で今回の取材の運びになりました。

今では、アイス屋さんのブログの枠を超え、ブログやネット集客の先生として幅広く活躍しております。

仕事をブログで生かしてみたい方は是非こちらのブログもご参照になってみる事をおすすめします。

お問い合わせ

販売業者 株式会社アイビア
運営責任者 杉浦 央晃
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座2-12-12たちばなやビル3F
メールアドレス 1-gp@ivia09.co.jp
URL http://www.1-gp.com

ウエブサイト
フルーツアイス専門店ジョンバイヤー

この記事を書いた人

1466051_557110221044277_1677067449_n

フードナビゲーター 山田正幸

魚料理『三代目魚熊』の三代目、料理研究家、魚料理アドバイザー等の活動を経て、料理家として幅広く活動中。

『ふぐ・魚料理家』山田正幸 Official site

ふぐ・魚料理『三代目魚熊』ブログ

魚料理教室ブログ