slide01

『天サンド』とは?老舗天ぷら屋が作る、日本にただ一つの商品の秘密を探る!!

登録商標『天サンド』老舗天ぷら屋が作り出す、世界でただ一つの商品!!天ぷらとサンドイッチの魅惑の美味さの秘密を聞いてみた。

老舗天ぷら屋の『天サンド』とは

『天サンド』の魅力と開発秘話を聞いてみた。

まず、はじめに『いせや』さんの歴史を教えてください。

のれん-1

『いせや』は、創業明治22年、天ぷら屋として開業しました。

三代目の息子三人が天ぷら屋を継ぎ、それぞれ、蔵前・千束・日本堤と三店舗で天ぷら屋をやっています。

私は、その中の一つ蔵前で暖簾を継いでいます。

『天サンド』を作るきっかけは何だったのですか

もともと、天サンドは、まかないから誕生しました。

失敗した、天ぷらをパンに挟んで食べたところ思いのほか美味しくどうやったら、もっと美味しくなるか試しました。

マスタードを塗ったり、ほうれん草を加えたり、試行錯誤しました。

それを、常連のお客様にお出ししてとても好評だったので、次に料理評論家の方に召し上がっていただいところ、

『是非、商品化したほうが良いよ』

と助言をいただき、2000年に商標登録、『天サンド』が誕生しました。

55456_Shop_3-1

現在、多くの地元の方に愛されお祭り等にも沢山のご注文をいただくようになりました。

また、噂を聞いて遠くからたくさんの方に、ご注文をいただきますが、手作りのため完全予約注文のみの受付です。

是非、お早めのご注文をお待ちしております。

取材後記

今回取材させていただいた、蔵前『いせや』店主 若林正さんは、テレビ、雑誌等様々なメディアに取り上げられるています。

DSC_0815-1

何を隠そうフードナビゲーター山田とは幼なじみです。

今回の取材以前からとある素材を使った料理を共同研究開発させてただいているご縁で今回の取材が実現しました。

次回は、その秘密の素材を使った料理をご紹介します。

蔵前いせやのブログはこちら

店舗情報

住 所 台東区蔵前4−37−9

アクセス 都営大江戸線蔵前駅より徒歩3分※三筋町交差点そば
東京メトロ銀座線田原町駅より徒歩7分
東京メトロ日比谷線仲御徒町駅より徒歩10分

営業時間 11:30〜14:30、17:00〜20:30

定休日 水休(12/30〜1/1休)

TEL 03-3866-5870

カード(カード詳細) カード使用不可

この記事を書いた人

1466051_557110221044277_1677067449_n

フードナビゲーター 山田正幸

魚料理『三代目魚熊』の三代目、料理研究家、魚料理アドバイザー等の活動を経て、料理家として幅広く活動中。

『ふぐ・魚料理家』山田正幸 Official site

ふぐ・魚料理『三代目魚熊』ブログ

魚料理教室ブログ